小さなお店の逆襲。
CDに、音楽に価値を戻してあげることにしました。

新しい作品にも、そして昔の作品にもいいものはたくさんあります!
ほんとに一生聴けるアルバムが存在するのは、あなたがもう知ってることでしょう。
そんなCD屋的名作セレクションを、これまでよりもずっと大切にお届けします。




坂本龍一&カクトウギ・セッション
サマー・ナーヴス(1979)
 
ソロでもYMOでもない隠れた逸品。豪華メンツとの近未来感たっぷりのレゲエ・フュージョン作品!ほとんどが教授ボーカル曲です。タイトル通り夏に。夏の終わりに。 →詳細/通販ページ


シェリル・リン
イン・ザ・ナイト (1981)

 夜のドライブに!ファンキーなディスコとメロウなしっとり曲がほぼ交互に入った3rdアルバム。プロデュースはゴーストバスターズなレイ・パーカーJr.完全バックアップで全体に統一感あり! →詳細/通販ページ


ジャヴァン
リラス(ライラックの祈り) 1984
 簡単に言うとポルトガル語のブラコンアルバム!ブラジル色は薄めですが、シンセメインの音色と輝くライティングと歌声、そしてブラジルの風が融合したユニークな1枚! →詳細/通販ページ


ペット・ショップ・ボーイズ
ビヘイヴィアー(薔薇の旋律) 1990

 彼らのアルバムの中でも異色!その憂いと美メロに驚く、センチメンタル&デリケートなしっとりの良質エレポップアルバム!特に3曲目「to face the truth」を。 →詳細/通販ページ


小泉今日子
ファンタァジェン

 夏に思い出すアルバムで80sアイドル作品の中でもトータルで上位なんじゃと思う逸品。全体をまとめるのは土屋昌巳。さらに銀色夏生の歌詞も効いてます。細野晴臣、川島バナナ、ヤン富田! →詳細/通販ページ


ロバータ・フラック
オアシス (1988)

 彼女の作品の中でも一番地味かもしれない1988年作品。しかし微妙な時期だからこそのユニークなサウンド、ブラコン〜シンセ〜スムースジャズ〜ポップでやわらかな隠れた逸品! →詳細/通販ページ


O.S.T.(Tindersticks)
NENETTE et BONI (1996)

 真夜中のBGMに。繰り返すヴィブラフォン、フランス・マルセイユを舞台にした映画の静かなサウンドトラック。 →詳細/通販ページ


NILS FRAHM
ALL MELODY (2018)

 CD屋選2018洋楽ベスト!ヴィンテージシンセやエレピを操るドイツのネオ・クラシカル音楽家。ディープな音色と空間をお楽しみください。 → 詳細/通販ページ


TINY TIM
Wonderful World Of Romance (2006)

 クネクネ歌うノスフェラトゥ!ことタイニーティム。ファンのために1980年に限定200枚リリースされたレコードをCD化!彼の歌を愛する心が伝わる逸品です。 →詳細/通販ページ

佐野千明
屋上の終集合曲集 (2013)

 真夏のお昼みたいな白。 →詳細/通販ページ


戸張大輔
ドラム (2009)

 ONE OF 生涯のベスト3アルバム。太古の風を呼び起こす戸張大輔の歌。声とギターだけ。カモン。 →詳細/通販ページ